あんたは私の何を知る?

反逆と多趣味のDiaries

ぽかぽか

こんばちわ。べりもなです。

 

ti-ki君も海の向こうで頑張っているようですね!

 

 

 

さて、いきなりですがこのブログのキャプテンとして私から発表したいことがあります!

 

 

それは・・・・・・・・

 

 

 

 

この度、わたしたち「ひらがな海賊団」は『日向海賊団』(ひなたかいぞくだん )に改名することになりました!!

 

 

 

パチパチパチパチ!!

 

 

実際にいつから施工するかはまだ未定なので追ってこのブログでお知らせしていきます!

 

 

 

 

真実は変化する

 

 

 

bye♪

Hello

Hello my name is ti-ki.

Three days have passed since I came to California.

 

Mr.GUY is my host family. He is a diplomat as the Sacrament French Honorary Consul working for the French Consulate General in the San Francisco.

He is good at cook. I ate butternut squash and pork cutlet last dinner. they are very delicious. However, he got angry about my table manner. 

He is a enthusiastic person and he is a  good person.

 

So I would like to get to know each other better.

 

Thank you.

この世界はまるで愛だね

ひらがな海賊団のファンの皆様。

おまたせしました。

中の人⑤ "石ノ森虹子" です。ノ森さんと呼んでください。

最初はこのブログの読者でしたが、べりべりもなもなさんから「君もブログを書く側にならないかい?」とお誘いを受けたので書かせていただこうと思います。

 

まず自己紹介も兼ねて一問一答をさせていただきます。

 

1. 散歩は好き?

 はい。ひらがな海賊団のみんなと都内を散歩をするのが大好きです。

 

2. 夢はありますか?

 欅坂46 平手友梨奈と結婚することです。

 

 べりべりもなもなと志田愛佳との結婚式で友梨奈と運命の出会いをすることになってます。

 

3. 尊敬する人物は?

 伊能忠敬です。私の趣味は散歩ではありますが、日本地図を歩いて書くなんて狂気の沙汰ですし、その発想力や行動力は尊敬に値します。

 

4. 座右の銘は?

 「人にやさしく、自分にやさしく」です。

 

 私は誰よりも人にやさしくすることをモットーに生きています。しかし自分に厳しくてはいつか精神的にきつくなり、人にあたることになります。私は自分にやさしくすることでそのリスクを極限まで減らしています。

 

5. 好きな歌は?

 「ジンギスカンのジレンマ」です。

 すごい歌詞に共感できます。

 この世にはたくさんのジレンマが溢れている。

  そんな矛盾ばかりの世界で生きていく勇気をこの歌でもらいました。

 作詞のべりべりもなもなには感謝しかありません。

 

 

 

だいたい私がどのような人かわかってもらえたでしょうか?

これから私の思うままにブログを書いていこうと思います。

ひらがな海賊団のファンの皆様に私を受け入れてもらえるよう精進します。

よろしくね!

 

贈る言葉

お久しぶりです。

 

べりもなです。

 

 

今日は先日旅立った友に宛てる言葉を綴ります。

 

 

 

 

 

 

 

言いたいことはひとつ。
後悔はするな。
使った時間に責任を持て。後悔はバカのすることだ。

 

その経験が10年後にきっと活きてくる。

このままそっちに永住することになるかもしれない。

そっちで生涯のパートナーを見つけるかもしれない。

 

だから、

後悔はするな。

後ろを振り返るな。

前を見ろ。

 

前だけを見て進め。

前だけを見て進め。

前だけを見て進め。

 

 

 

 

下手糞の上級者への道のりは 己が下手さを知りて一歩目。

 

 

 

bye..

1000年前の遺産

こんばんは。お久しぶりデス。べりもなです。

 

皆さんは和歌に馴染みはありますか?

 

私は『ちはやふる』という漫画を高校時代から読んでいて、和歌に対する多少の知識はあると自負しております。

 

その中でも好きな歌があります。

 

 

「瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ」

この歌の内容は「急流に流れている水は岩にぶつかって左右に分かれたとしても、いずれ再び行流する。私とあなとも今は別れているが、いつかまた逢える日を信じている」という恋の歌だといわれています。

 

つまり、別れとは分かれなのです。二度と会えなくなるわけじゃない。

 

一旦別々の道を歩むだけで、また巡り会えるのです。

 

 

春は出会いと別れの季節。

このブログが閉鎖されてもまた僕たちはどこかで会えるでしょう。

 

 

 

 

サヨナラだけが人生なんだって いつか誰かが言ってたけど それだけじゃ知り合った意味がないね 

 

 

 

bye♪

 

 

 

 

 

 

 

Justice

「いいよね、お前は楽しそうで」

部長やってる時とか引退してからよく言われる言葉だ

 

もしくは

 

「大変だった?辛い?」

 

と聞いてきやがる。昔は「きちいよ。大変だよ。」とか言ってた。

でも今は決まって「いや、別に辛くないぞ」と答える。

すると、羨ましがる。

 

たいてい聞いてくる奴は、辞めたやつ。「辛い」って答えるのは、ジョークで言ってる面白い先輩か、本気でやってなかった先輩。

 

前者は、辛いから何かを得た人、後者は時間の無駄遣いをしてきた人。違いはただ一つ。

 

心のインナーマッスル。そいつが足りない。別に技術がどうかじゃない。賢いかどうかじゃない。そいつの人生は、山手線の各駅停車、ずっと同じところを回ってればいい。

 

一方わいらは、小田急線の快速急行?違う、京王線の特急?違う。

 

わいらは、徒歩だ。スピードはない。遠回りかもしれない。でもレールには敷かれてない。

たまに、そこを歩くなと大人に言われる。だめだといわれる。

 

 

だからどうした、死ぬまでお前は同じところを回ってろ。レールの上を走るぐらいなら、下水道を散歩する。落とし穴に落ちったていい、這い上がる力と仲間がいる。

 

お前の横にいる奴は、お前を助けてくれるか?

 

電車に乗ってるやつは、同じ方向に向かってるだけの奴

 

散歩を共にしてるやつは、お前をたすけてくれる友達。

 

 

まあ、こんなことを言っていると、中二病かといわれる。

 

中二病ってのは、言ってることを実現できない戯言で終わってるやっつらのこと。わいは、下水道を歩く側のくそ野郎。

 

くそ野郎だよ。くそで何が悪い。

 

人間死んだらみんね燃えるゴミだ。火葬で燃やされんだよ。

 

どうせ燃えるなら、今から燃えてやるよ。

 

justice お前にとっとての正義を定義してみやがれ。それもできずに、人に間違ってるとか上から目線で話してんじゃねぇ。くだらねー。ただ、腹抱えて笑いたいだけ。

 

 

ti-ki