あんたは私の何を知る?

反逆と多趣味のDiaries

けやき坂46で『沈黙した恋人よ』

道端に小銭が落ちていたと思って拾おうとしらそれがお金じゃなかったとき、しゃがんで靴紐を結び直すフリすることありますよね。ああ、恥ずかしい。。。

 

どうもこんにちは。ブルーベリーともなか大好き「べりべりもなもな」です♫

今日はけやき坂46のりまちゃんちっくというユニットが歌っている『沈黙した恋人よ』のパート割を載せたいと思います。

 

加藤)岬の灯台 海原見下ろしながら 
    眩しい日差しに時折 瞳細める 
京子)中古のバイクで どれだけ走ってきただろう 
高本)汗ばむTシャツ 太陽を吸い込んだ 
久美)また夏がやってくる前に 
)僕らが変わったこと ふと気付かされる 
(全員)この沈黙 
    君が指差す窓を 僕は見つけられない 
加藤久美)同じ青空をみているのに 
京子)鳥はどこへいった 
(全員)君が大事なものを僕は見過ごしている 
高本)そばにいることが当たり前で 
(全員)そう愛し方を忘れてしまった 

久美)いつもの国道いくつのカーブ曲がれば 
   重なる身体はバランス取り戻すかな? 
高本)風切るバイクのエンジンの振動が好きだって 
)語ってた君の 口数が減ったよね 
加藤)この夏が去ってゆくころに 
京子)僕らは見つめ合って 答えを出すんだ 
(全員)そう さよなら 
    君は話そうとした僕もはなそうとした 
久美)だけどお互いを思いすぎて 何も言えなかった 
(全員)もっと素直になれば きっと答えにできた 
加藤京子)人は変わってくとわかってても 
      あの頃の自分に縛られてたんだ 
(全員)沈黙しはじめた どこかの恋人たちよ 
    大人にできない その胸に耳を傾け 
加藤)トンネルに入る前に 
京子)風の中で  
高本)ほんとうのこと 
久美)君と僕は 
)何を伝える 

(全員)君が指差すものを僕は見つけられない 
加藤京子)同じ青空をみているのに 鳥はどこへいった 
(全員)君が大事なものを 僕は見過ごしている 
高本)そばにいることが当たり前で 
それがだめだ  
(全員)どんなときも愛を感じよう 
   話さなきゃわからないんだ 
   黙ってちゃ夏は終わるよ

 

間違えている箇所もあるとは思いますが参考までに、ご容赦ください。

あっ、ども。はじめまして。

皆さん、はじめまして。

今日初めて書きます。

中の人④「かいくぅ~ん」です。

 

好きな食べ物は氷

好きな飲み物は水

好きな時間は今

座右の銘は、「黒い白馬にまたがって、前へ前へとバックした」

 

 

とうわけで、改めましてかいくぅ~んです。

 

 

今回は、ちょこっと自分自身について書こうかなと思ってます。

 

まず、私の座右の銘について。

そもそも、”黒い白馬にまたがって、前へ前へとバックした”とはどういった意味なのでしょうか。

 

 

 

ん?

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

黒い白馬?前へ前へバック?

 

 

逆じゃね?

 

 

 

と、思った方が多いでしょう。

 

 

そうなんです。逆なんです。

ようは、矛盾してるんです。言葉としてはおかしいですよね(笑)

 

 

 

しかし、世の中矛盾ばかりなんです。

そんな世界で私たちは生きているんです。生きていかなければいけないんです。

 

 

 

そうだとしたら、私たちが生きている「現在(いま)」って、とても大切なものだと思いませんか?

 

 

 

 

だからこそ、私の好きな時間は今なんです。

 

 

 

過去は過去。変えることができない事実。

未来は未来。期待することもできれば、不安になることもある。

現在は現在。辛い、悲しい、そういう感情を持っている人もいれば、楽しい、嬉しいといった感情を持っている人もいる。

 

 

 

 

 

”いま”というこの時間を本気で生きる。貫く。

 

 

 

 

私はこれを胸に今もこのブログを書いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかかでしたでしょうか。

 

 

 

少しは私のことを知っていただけたでしょうか。

 

 

 

こんな感じでちょいちょいブログ更新していきたいと思っています(笑)

 

 

 

 

では、では、本日はここでおさらばということで

 

以上、中の人④のかいくぅ~んでした!!

 

人生とは

やあみんな。んこすぎである。

 

僕が大好きなある歌の中に、

「人生とは転ぶもの 膝小僧は擦りむくものなんだ」

という一節がある。

人生とは転ぶもの、

膝小僧は擦りむくもの。

 

そうなのである。人生とは転ぶものだ。転んでナンボである。

僕は、そこから何度でも起き上がってみせよう。

 

ちなみに、ウンコも漏らすものである。こればかりは立ち直れない。

 

 

んこすぎ

新しく墾す

今まで更新が滞ってしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にすみませんでした。

呪われた便器

どうも、ti-kiです

今回はこの前の呪われた家族の続きの記事を書きたいと思います。

ポンハンドで戦ったあと、僕たちはホテルに向かいました。ホテルに着き、部屋割の発表がされると、なんとあの黒川かいた君と同じ部屋でした。それはともかく、僕たちが部屋に入って休んでいると、黒川君が「うんこをしたい」と言い出しました。そして、部屋に備え付けられているトイレに入ろうとしたら、なんとドアに鍵がかかっていて入れませんでした。仕方なく僕たちは、持っていた10円玉でドアのかぎを開け、ウンコをしました。そのような現象がその日の夜だけで何度かありました。そんなことがあって、次の日の朝、事件が起こりました。。。

朝、僕たちは少し寝坊して、急いで朝食に向かいました。何とか間に合って、飯を食っていると、次はウンコがしたくなりました。仕方ないので、飯を食うのをやめ、黒川君に鍵をもらって、先に部屋に戻りました。そして、トイレに入ろうとすると昨日の夜と同じ現象に陥ってしまっていました。そう、トイレがあかないのです。仕方ないから、開けようかと思い10円玉を取り出したところで、異変に気付きました。それは、トイレからウンコの匂いがしていたのです。誰も入れないはずなのに、何者かがうんこをしていると思うと怖くなり、開けるのをためらっていました。すると、黒川君も帰ってきて、彼も異変に気付き、二人でどうするか悩んでいました。すると、トイレから「ジャー」とトイレの水が流れる音がしました。しかし、だれも中から出てきません。余計に恐ろしくなりましたが、本当に自分が漏れそうになったので、僕は仕方なくドアを開けました。すると、中には人はいませんでした。なんだ、考えすぎかと思っていたら、とんでもないものに気付いてしまいました。なんと、トイレの便器の中にウンコの残りカスが残っていました。そう、まるで何者かがついさっき流して流しきれなかったウンコが残ってるかのように、、、

限界とは

どうもtikiです。

最近私は、限界というものについて考えさせられることがよくあります。その時に私が思った限界について今回は書かせてもらおうと思います。

先日、私は渋谷を歩いていました。ちょうど宮益坂を下っていると前からポーツウェアをきた集団がやってきました。珍しい人たちだなと思いました。しかし、近づくにつれて、どこかみたことのある人達だなと思いました。そう、なんとそいつらはひらがな海賊団のメンバーでした。聞いたところいまから10キロほど歩いて秋葉原のフジヤマドラゴンカレーを食いにいくところだったそうです。一緒に行くかと私は聞かれました。その時私は、全身黒の服で下は長ズボンでした。行くか悩みましたが、予定もありませんでしたし、仲間が行くのならということで、私も向かうことにしました。そういったことで秋葉原の方へ歩いていると、一つ目の限界が来ました。真っ黒の服と長ズボンです。炎天下の中この格好には限界がきてしまったのです。しかし、この限界は難なく乗り越えることができました。解決方法はとても簡単でした、そう、途中でスポーツウェアを購入し、それを着たのです。そのまま私たちは10キロを歩いていきました。しかし、またしても歩いてる途中に限界にぶつかりました。それは、のどの渇きです。われわれは当初、フジヤマドラゴンカレーに行き、2.5キロのカレーを食う予定でしたので、腹を空かせる必要がありました。そのため、水を飲むことはタブーでした。この二個目の限界はなかなかきつかったです。しかし、仲間同士で切磋琢磨し、くだらない話をしながらのどの渇きをごまかしました。そして、ついに秋葉原につき、フジヤマドラゴンカレーにありつくことができました。我々は4人で二人前、つまり5キロを食うことにしました。そしてわっれわれは三つ目の限界とぶつかることになったのです。満腹です。驚くことにこれは、二つ目の限界よりもきついものでした。しかし、これも仲間で支えながら乗り切り、サービスの特大寒天も二個食しました。そこで、解散とする予定だったのですが。我々はとんでもないことに気づきました。我々は12時あたりから歩いていたのですが、食べ終わったころには夕方になろうとしていたのです。そう、つまり私たちは昼食としてフジヤマドラゴンカレーを食べたのですが、まだ夕食を食べていなかったのです。そして、我々は急遽かっぱ祭りに行くことにしました。ここで一人は用事があったので三人行きました。そこから私たちは2キロほどむかっていったのですが、とっくに限界を迎えていました。満腹+歩く疲労+今から食べるという絶望+満腹からの睡魔。そんな中我々は、こち亀のテーマソングを歌いながら辛くなったら互いに励まし、少しづつではあったがかっぱ祭りへ向かいました。そして、かっぱ祭りにたどりつくことができました。もちろん我々は妥協をすることを知らないのでバケツと呼ばれる一番店で量の多いものを注文しました。そして、バケツを鉄板に広げてもんじゃを作っていきました。鉄板はもんじゃにつつまれて見えなくなりました。そして、我々はそれを食べていきました。みなが限界まで食べていった結果、衝撃的なことが起こりました。なんと、みんな一生懸命食べたのに100分の一ほどしか減っていなかったのです。これにはみなお手上げで、30分間ほどみな食べることができませんでした。そんな中、わたしはこんな気持ちになっていました。私は、フジヤマドラゴンカレーを食べようとしたとき、意気揚々と先陣をきって食べたのですが、急に参戦が決まったのもあって他のメンバーよりも食べれず、仲間に助けてもらいました。そこで私は一つの決断をしました。かっぱ祭りの周りを走って腹を空かせようとしたのです。私は、「走ってくる」という一言を残し、全力で外を走りました。10分ほど走っていると急に気持ち悪くなるし、足も限界を迎えて走るのをやめようかなと思いました。しかし、仲間が待っていると思い、走り続けました。すると、急に咳がでそうになって走りながら咳をしたら、なんと先ほどのカレーが出てきました。そう、走りながら吐いたのです。よく、満腹の時に吐きそうというひとがいますが、本当に吐いたのです。その時私は本当に満腹で吐いたことないくせに吐きそうというなバカたれがと思いました。それはさておき、そのあとかっぱ祭りに戻り、なんとかすべて食べきることができました。その後、完全に限界えお越えた私たちは秋葉原まで歩いて帰りました。

この話を通してなにがいいたかったかというと、限界というのは一人じゃのり越えられなくても、本当の仲間がいれば乗り越えるというものです。仲間がいなければ吐くまで食べませんし、歩くために服を買いませんし、そもそも歩かず帰ってました。だから、仲間は限界突破には必要不可欠なものだと思います。しかし、この仲間というのはただの友達ではだめだとも思います。今回の話のように本当に辛い時でも絶対投げ出さない仲間。それが本当の仲間だと思います。これから私も含め皆さんも色々な限界にぶつかると思います。そういったときに、自分を強くし、限界を超えさせてくれるのは仲間です。ぜひ、皆さんも本当の仲間を見つけてみてください。

呪われし家族ー序章ー

どうも、お初にお目にかかります、中の三人目の「ti-ki」です。

これから、書く内容は全て実話です。もし、この文書を読んでいて気持ち悪くなった場合、私は一切の責任を負いません。自己責任でお願いします。

 

ー序章ー

 

 今思えば、この出来事がすべての始まりだったのかもしれません。あれは、小学校6年生の出来事でした。私は修学旅行に行っていました。愛媛を旅立ち、私は山口県秋吉台につきました。

「それでは、鍾乳洞の中へと入っていきます。みなさんついてきてください!」そうバスガイドに言われて、私は言われるがままに鍾乳洞の中に足を進めていきました。そう、これから始まる呪われしジレンマのことも知らずに、、、。

 中に入ると、バスガイドさんは丁寧に石灰石の種類やそれがどのようにできたかの説明をしてくれました。私は当時子供だったのもあり、たいして話を聞いてませんでした。そんな中、私はある計画を企んでいました。それは、石灰石はお土産でたくさん売っているがお土産代を浮かすために、鍾乳洞の中で石灰石を拾って持って帰ってやろうというものでした。実に子供らしいですね笑。ここまでなら、ただただ子供ながらのかわいらしい話なのですが、今回は、この思い付きが笑えない結果を招いてしまいます。

 

鍾乳洞の半分ほどいったところですでに私は2つほど小さい石を拾っていました。しかし、どうせなら大きいものがいいなと思ってその後も探していたところ、なんとクソでかい石を見つけました。私は早速それをもって帰ろうと思い両手で抱え込もうとすると「グニュ」といった感触が手から全身に伝わりました。なんだろうと思って、手のにおいを嗅ぐととても臭いにおいがしました。するとその時バスガイドさんが「ここにある石灰石はコウモリのウンコからできてます。」と言いました。コウモリのウンコ、、、、?そう、クソでかい石と思ったものは、なんとクソでかい糞だったのです。私は一瞬思考が止まりましたがすぐに、「よし、この糞のついた手を誰かに付けてやろう」クソみたいなことを思いつきました。そして、大親友のK川君につけてやろうと彼の肩に触ろうとした瞬間、彼にその手を振り払われました。「お前、その手にウンコついとんちゃうんか?」と言われ、僕は「なぜばれたんだ!」と叫びました。すると彼は「だって、俺も触ったもん」と答えました。さすが大親友です。その後二人で「ポンハンド(ポンは伊予弁でウンコという意味)」といいながらみんなにつけていました。

 その後、いい加減ウンコを落としたいなと思っていたところ、上からしずくが落ちていたところがあり、そこでしばらく二人でウンコを落としていました。すると校長先生がきて「なんだい君たちは、好奇心が旺盛で素晴らしいね」といってきました。僕たちはすかさずそのウンコのついたしずく(ポンウォーター)を校長にかけてやりました。その後、やはり雫ではにおいはとれないので、鍾乳洞をぬけた後、二人でトイレにいってウンコを落とそうとしました。しかし、なんとトイレにハンドソープがなかったのです。絶望しました。その後仕方なく、臭い手のままバスに乗り、ホテルに向かいました。  

 

次回「衝撃、呪われた便器」に続く、、、

 

最後に、私とK川君がホテルへのバスの中で考えた曲の歌詞を載せておきます

タイトルは忍たま乱太郎「100%勇気」の替え歌で「100%うんち」

 

 がっかりして、めそめそして、どうしたんだい

コウモリのうんち、つかんだみたい PON PON

やりたいこと、やったもん勝ち

鍾乳洞

つららと思ってみたら

こうもりの糞

しずくーだけでーは、におい取れないー

トイレ行っても、ソープはないー

PON PON!

そうさー100%うんち もう出し切るしーかなーいさー

この世界中のうんち抱きしめながらー

そうさー100%うんち もう出し切るしーかなーいさー

手についてるうーんち 永遠にとれはしーないー

U・NN・CHI!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。